WE21ジャパン・伊勢原とは

isehara1

≪認定NPO法人 WE21ジャパン≫・・・WE21ジャパン・グループの中間支援組織

世界では食料、水、鉱物、エネルギーなど資源の奪い合いから、たくさんの国や地域で紛争や内戦が起きています。
また生態系の破壊、貧困、弾圧などによって苦しむ世界の人びとは増え続けています。
これらの問題の背景には、資源を大量に生産・消費する使い捨ての文化に慣れてしまった、先進国で暮らす私たちの考え方やライフスタイルも原因の一つです。
WE21ジャパンでは、世界で起きている環境破壊・貧困の解決にむけて、気づき、考え、行動していく市民をひろげる活動に取り組んでいます。
物品寄付とボランティア参加で運営する「WEショップ」を拠点にしてリユース・リサイクルを進めながら、アジアを中心とした世界約30カ国の人びととの民際協力を行っています。またこれらの活動から見えてきた、環境・貧困・人権などさまざまな問題について伝え、学ぶ共育(ともいく)、解決にむけた調査や働きかけを行う政策提言を行なっています。
神奈川県全域で37のNPOが連携し、これらの活動を進めています。

≪NPO法人 WE21ジャパン・伊勢原≫

伊勢原では、2002年6月23日に愛甲石田駅北口から徒歩3分246号線沿いに「WEショップ・いせはら」がオープン。その後、2009年5月に愛甲石田駅南側に移転しました。
家庭の中で眠っている『もったいないもの』をご寄付いただき、必要な人に使っていただき、その代金の一部を世界の貧困な地域で活動しているNGO団体の活動資金として、また3.11大震災の被災地の自立を助ける活動資金として、寄付しています。

ショップには、毎日たくさんのご寄付があり、ものがあふれていることを実感します。一見、豊かで便利、快適な生活の裏側を考えると世界中に貧困があり、人権無視の悲惨な状況があり、それが私たちの生活とも密接な関係があることを「WE講座」を通して学んでいます。これらを地域の方々へ発信する場所にしたいと思っています。
世界の方々と顔と顔が見える関係を築き、ささやかな日常活動が平和な社会を築くための一助になれればと考えて、活動を続けています。

 

支援活動

2018年度 支援先一覧

支援国 支援プロジェクト名 プロジェクト実施NGO 金額
日本(熊本県) 2016年4月に発生した熊本県を中心とした大地震の被災者の支援活動 共生地域創造財団 12,689円
日本(福島県) 東日本大震災復興支援、コットンプロジェクトのために NPO法人ザ・ピープル 43,520円
日本(川崎市・神奈川県) 身近な貧困家庭に対して、食物の寄付を集めて再配分する活動 フードバンクかわさき 26,642円
イラク・日本(福島県)・シリア チョコ募金(イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するための募金) 日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET) 20,950円
フィリピン ルソン島の山岳地域で、土砂災害を防ぐとともに、現金収入を得るために「コーヒーの森づくり」を指導している コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN) 50,000
フィリピン ルソン島の山岳地域ルボ村で、無責任な鉱山開発のために破壊された土地の環境回復のための植林と環境活動 シュントック財団(CGN) 50,000円
タンザニア・シエラレオネ・スウェーデン アフリカの少女たちの健康と人権を守るため、女性性器切除という悪習を廃絶するための活動 WAAF(FGM廃絶を支援する女たちの会) 70,000円
アフガニスタン アフガニスタンにおける教員研修と保健教育、平和教育 日本ボランティアセンター(JVC) 8,223円

 

2017年度支援先 一覧

支援国 支援プロジェクト名 プロジェクト実施NGO 金額
日本(福島県) 東日本大震災復興支援、コットンプロジェクトのために NPO法人ザ・ピープル 63,235円
日本(熊本県) 4月に発生した熊本県を中心とする大地震の被災者の支援活動 共生地域創造財団 こころをつなぐ「よか隊ネット」 40,863円
日本(川崎市・神奈川県) 身近な貧困家庭に対して、食物の寄付を集めて再配分する活動 フードバンクかわさき 41,818円
イラク・日本(福島県)・シリア チョコ募金(イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するための募金) 日本イラク医療支援ネットワーク 27,150円
フィリピン ルソン島の山岳地域で、土砂災害を防ぐとともに、現金収入が得られるようにコーヒーの森づくりを指導している コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN) 50,000
フィリピン ルソン島の山岳地域ルボ村で、無責任な鉱山開発のたけに破壊された土地の環境回復のための植林と環境活動 シュントック財団 50,000円
日本 虐待・ネグレクト・DV目撃等の人権侵害を受けた子どもたち、特に性的虐待を受けて子どもたちのためのワン・ストップ・センター「子どもの権利擁護センターかながわ」の運営 チャイルドファーストジャパン 20,000円
タンザニア・リベリア アフリカの少女たちの健康と人権を守る事業 WAAF(FGM廃絶を支援する女たちの会) 90,000円

WE講座

フィリピンにコーヒーの森をつくる
日時:2018年 3月 17日(土)10:00~12:00
場所:WEショップいせはら店内
報告者:浜田順子(WE21ジャパン伊勢原)

フィリピンのルソン島の山岳地域(コーディリエラ地域)で、先住民族の暮らしの向上と自然環境保全を目的に活動している環境NGOコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)に対して、私たちは毎年支援金を送っています。山火事や土砂災害で荒れた山林に村人の収入源となるコーヒーの木を植林する活動を支援しています。
 今年1月に、当法人から浜田がモニタリングツアーに参加しましたので、報告会を行いました。

フィリピンは、かつてスペインの植民地だった頃から、コーヒーの木が民家の裏山に植えられて日常的にコーヒーを飲む習慣がありますが、焙煎せず鍋で煮出して飲んでいたようです。一方、この地域は大規模な鉱山開発や、化学肥料を使う大規模農業の影響などで、山林や農地が荒れています。
 CGNでは、アグロフォレストリー栽培(農業と林業を組み合わせた栽培方法)で山林の回復を進めてきました。コーヒーの木は、成長の早いアルノス(ハンノキ)や土地を肥す役割を果たすカリエンドラ(ネムノキ)と一緒に植えています。この地域はとても急峻な地形ですが気候的・地理的に、おいしいアラビカ・コーヒーの栽培ができる地域です。そしてコーヒー豆は収穫後は保存がきき、搬出運搬が滞っても鮮度が保たれることなどの地域に合った利点がある品目だとのことです。
 フィリピンでは、郡(行政)もコーヒー栽培を推奨していますが、水不足で苗木が育たなかったり病害虫の発生もあり、「WE21ジャパンコーヒーの森連絡会」では、水タンクの設置に対する支援や、収穫後の加工方法を習得するために加工技術・器具の学びの機会を設けて、マニラ等の大都市のコーヒーショップに豆を販売できるルートを提案・模索しています。近い将来には、WEショップでも販売できるようにと願っています。 
IMG_20180122_165348
コロス村の人たちと交流しました。             

1月21日、ベンゲット州ツゥブライ郡コロス村。この村にはこれまでコーヒーの苗木等を毎年植林し、赤いコーヒーチェリーが実っていました。この村のフェリーさんは、ベンゲット州で唯一の認証を受けた有機農家で、地域のリーダーです。堆肥や木酢づくりも行いコーヒーの他に有機野菜も栽培しています。
 また、昨年WE21ジャパンの事業で、コーヒーの生産地であるインドネシアの農民との交流事業を行い、皮むき器(パルパー)を手作りする方法を教えてもらい、村人の一人が作り始めていました。
IMG_20180122_103152
コーヒー農家のビリアさん

IMG_20180122_165113
手づくりのパルパー(皮むき器)を製作中

1月22日、標高1500mのバギオ市から、車で約2時間山を下り、ルソン島西海岸のリゾート地のコーヒーショップ EL UNION に行きました。このコーヒーショップは、ベンゲット州の村人が作ったコーヒー豆を卸しているショップです。このショップを経営しているシルベスタさんは、バリスタコンテストでフィリピンで1位を取った人で、美味しいコーヒの評価ができコーヒーを淹れる腕を持っています。バリスタとは、コーヒーの淹れ方やおもてなし技術を持つ資格です。このショップで7種類の豆の味見・カッピングを体験させてもらいました。村人の作った豆はシルベスタさんお墨付きの品質で買い取ってくれていますが、残念ながら生産量がまだ多くありません。収量を上げることが今後の課題です。

IMG_20180123_133604
コーヒーショップの店内、サーフィン客の若い人たちに人気

IMG_20180123_152653 (2)
左端がシルベスタさん、左から7番目CGNの反町眞理子さん、右端が森林官のリリーさん

1月23日、ツゥブライ郡が2016年に設置した「コーヒー加工センター」の見学をしました。郡はコーヒー作りを地域産業にしようと考えて、豆の加工のための水洗式パルパー、発酵タンク、選別台、ロースト機器等、様々な設備を整えたのですが、残念ながら稼働していません。人材や稼働するための労賃、維持管理費などが計画されていない状況で村人も落胆しています。
 この日午後は、WE21ジャパンとJICA草の根技術協力事業による近隣3地域の住民の報告会に参加しましたが、ここで、コロス村のフェリーさんが住民組織で加工センターの稼働を働きかけようと発言があり、励まされました。村人が力をつけていることをうれしく思いました。
IMG_20180124_112829
3地域の合同報告会にはたくさんの村人が集まり、熱心に情報交換

チャイルドファースト・ジャパン見学・研修
日時:2017年 6月 2日(金)10:00~12:00
場所:チャイルドファースト・ジャパン事務所
報告者:虐待相談かながわ相談員

全国各地で子ども虐待の事件があり、数年前には近隣市でも凄惨な事件が起きてしまいました。この団体の理事長山田不二子先生は、約20年前に児童虐待の電話相談を始められ、現在は、国内でも最先端の活動をされています。6月初め、WE伊勢原のメンバー15名で、伊勢原駅近くにある「認定NPO法人チャイルドファーストジャパン」事務所で見学・研修をさせていただきました。(http://cfj.childfirst.or.jp/)

 近年、子ども虐待の通報が増えていますが、身近な地域の中で察知した場合にどう対処すればいいのか悩むのが現実です。自分で抱え込まずに通報する・相談する機関につなげましょう。もちろん当事者の相談も待っています。
 虐待相談かながわ 0463-90-2260  毎週 月・水(祝日除く)10:00~16:00

大切なのは、通報や相談に適切に対応できること。特に性的虐待に対して全国でただ1か所開設しているのが伊勢原市のこの場所です。被害にあった子どもの心をそれ以上に傷つけないように配慮して対応する人材と設備が整えられています。「年々増加の一途をたどる子ども虐待は、守るべき保護者が加害者であるという意味で、子どもへの人権侵害の中で最大のものです。しかし弱い立場に置かれている子どもから被害事実を聞き取ることは、極めて難しく、高度な専門性が要求されます。当法人では、『子どもの権利擁護センターかながわ』を設立し、児童相談所・警察・検察で構成される多機能連携チームの枠組みで、司法面接と系統的前進診察を実施しています。」(法人寄付趣意書より一部引用)

 海外に限らず国内でも困難な状況に置かれた子どもがいます。私たちは、そんな子ども達に対する貴重な活動を知り、支援しました。伊勢原市内の団体ですので、多くの方に知ってほしいと思います。

DSC_0002

DSC_0004

FGMって、なに?  女性性器切除という悪習の廃絶を!

日時:2017年 5月 17日(水)11:00~12:30

場所:WEショップいせはら 店内

報告者:HGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF) 及位満枝さん、ニナ・ラージさん、土屋有利子さん

FGMとは、Female Genital Mutilation(女性性器切除)の頭文字を取った略語で、女性外性器の一部あるいは全部の切除、時には切除してから外性器を縫合してしまう慣習のこと。アフリカを中心に様々な民族の伝統的な女児の通過儀礼として、2000年以上も続いていると言われています。
 アフリカの女性たちがFGMを廃絶しようと声を上げたのは1980年代のことでした。それまで「女子割礼」と呼ばれてきたこの慣習をFGM(女性性器切除)と呼びなおすことで、その暴力性を指摘し、廃絶の必要性を訴えたのです。
 1995年北京で開かれた「第4回世界女性会議」でアフリカの女性たちはFGM廃絶のための国際的支援を強く世界に訴えました。その声に応えて、1996年に「FGM廃絶を支援する女たちの会」(Women’s Action Against FGM,Japan ―WAAF)が設立しました。
 FGMは、女性と子どもの健康にとって有害な慣習であり、女性の人権を侵害するものです。また、女性が心身の安全を侵されずに生きる権利は普遍的な人権です。2012年には、国連総会でFGMを禁止する決議が採択されました。日本にはFGMの慣習はありませんが、女に生まれただけで性器切除される子どもがこの地上にひとりでもいれば、ノー!と声を上げよう、私たちはそういう思いでFGM廃絶運動に加わっています。    (WAAFホームページより)

WE21ジャパン・伊勢原では、13年間にわたってWAAFの支援を続けています。2016年度も、「反FGM基金」に5万円、国内の組織の活動に4万円、団体会費として1万円の計10万円を送りました。
 「反FGM基金」は、現地NGOの活動のために使われます。2016年度は、タンザニアとリベリアで、様々なワークショップ、子ども達への教育、地域リーダーや宗教指導者への啓発等を行いました。

DSC_0107

これまでも、WAAFの方をお呼びしてWE講座を行い、活動の報告を聞く機会を持ってきましたが、新しいボランティアの方も加わり、この悪習の実態を知ろうと企画しました。根が深い問題ではありますが、少しづつは成果が現れているということも聞きました。長く支援を続けていこうと改めて考えました。

DSC_0097

WE21ジャパンのビジョン・ミッション・ゴール


■ビジョン (未来の理想像)
地球に住み暮らすあらゆる人びとが、生きるために必要な条件や権利が公正なルールによって保障され、自律した地球市民として行動できる社会の創造をめざしています。
■ミッション (使命・役割)
地球規模で起きている資源の奪い合いや環境破壊・貧困をなくし、環境や人権について考え・行動する市民を地域に拡げていきます。
■ゴール (目標)
物にあふれた生活を見直し、環境や人間の安全に配慮した生活スタイルへ転換することです。同時に、近隣アジア地域の人びと、とりわけ女性たちと連携し、互いに学びあいながら、公平・公正なルール創りをめざします。