WE21ジャパン・伊勢原は、地球環境のために資源循環をはかるリユース・リサイクル事業を行い(WEショップ・いせはら)、その収益で貧困や不公正、災害に苦しむ人々の自立を支援するNPO法人です。主にアジア、アフリカの女性たちを対象としています。

ニュース

2017年6月18日 15周年記念セール

WEショップいせはらが、愛甲石田駅近くに開店してから15年になります。
最初は北口の246号線沿いにありましたが、7年前に南口近くに移転しました。
多くのお客様をお迎えし、地域に根付いてきました。
6月23日(金)には、感謝を込めて「15周年記念セール」を行います。
DSC_0012[1]

2017年5月24日 環境展に販売と展示参加しました

5月14日(日)いせはら環境展に参加しました。
日頃の活動をお伝えし、ショップにご提供いただいたもので販売できなかったものから、メンバーが作ったリメイク品等を販売しました。
DSC_0070

2017年5月19日 WE講座 チャイルドファーストジャパン 見学研修会

WE21ジャパン伊勢原では、2016年度の民際支援金の一部を「認定NPO法人チャイルドファーストジャパン」に贈りました。

近年の子どもの悲惨な虐待事件の報道には衝撃をうけます。子どもの虐待・ネグレクト・面前DVや性的虐待などに先進的に取り組んでいる団体が伊勢原市内にあります。理事長の山田不二子先生は、虐待の電話相談事業から始めて、全国的にも注目されている「子ども権利擁護センターかながわ」を開設し、また専門家の養成なども行っています。
悲惨な子どもの事件、その2次的な被害を起こさないための取り組みをお聞きする見学研修会を行います。

日時:6月2日(金)10:00~12:00 
場所:チャイルドファーストジャパン事務所(伊勢原駅南口徒歩5分)

2017年5月17日 WE講座「FGMってなに?」女性性器切除という悪習の廃絶を!

FGMとは、女性性器の一部あるいは全部の切除、時には切除してから外性器を縫合してしまう慣習のことで、アフリカを中心に様々な民族の伝統的な女児の通過儀礼として、2000年以上も続いていると言われているものです。
FGMは、女性と子どもの健康にとって有害な慣習であり、女性の人権を侵害するものです。日本にはFGMの慣習はありませんが、女に生まれただけで性器切除される子どもがこの地上にひとりでもいれば、ノー!と声を上げましょう。

WE講座を行います。
日時:5月17日(水)11:00~12:30
場所:WEショップいせはら店内
報告者:FGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF)メンバー
DVDに映像を見て、お話を伺います。

WE21ジャパン伊勢原では、13年にわたってWAAFの支援を続けています。2016年度も、反FGM基金に5万円、国内組織の活動に4万円、団体会費として1万円の計10万円を送りました。反FGM基金は、現地NGOの活動のために使われます。2016年度はタンザニアとリベリアでの活動を援助しました。

2017年4月25日 いせはら環境展に出展します

5月13日(土)14日(日) 伊勢原市総合運動公園小体育室にて、いせはら環境展が行われます。
WE21ジャパン伊勢原は、14日(日)に、展示と出張WEショップを出店します。
当日は、総合運動公園にて、公園緑花まつりが行われますので、体育館の中にもぜひ足をお運びください。