WE21ジャパン・伊勢原



WE21ジャパン・伊勢原は、地球環境のために資源循環をはかるリユース・リサイクル事業を行い(WEショップ・いせはら)、その収益で貧困や不公正、災害に苦しむ人々の自立を支援するNPO法人です。主にアジア、アフリカの女性たちを対象としています。

ニュース

2021年3月23日 営業時間を17時までにします

コロナ感染の緊急事態宣言を受けて、営業時間を16時までとしていましたが、宣言が解除されたことから、17時まで開店することになりました。
引き続き、コロナ感染予防策として、手指消毒薬の設置、換気、マスク着用などを徹底して営業いたします。

暖かい日が多くなり、いろんな花が咲く季節になりました。春物の衣料、新しい食器などの雑貨類、フェアトレード品も多くありますので、どうぞお買い物にお立ち寄りください。

2021年3月11日 リメイク展示発表会!

ショップにご寄付いただいたものでも、そのままでは販売できない衣類があります。特に和服類は、生地はとても貴重なものもありますが、部分的に汚れがあったり、そのまま着用することはできないものがあります。「リメイクチーム」では、それらをバッグや洋服にリメイクしています。販売するのではなく、自分用に作ったものをご覧いただける「展示会」を行います。一部は、販売もいたします。
多くの方に見ていただきたいと思いますので、ご案内いたします。

3月15日(月)~20日(土) 10:30~16:00まで
WEショップいせはら店内です。

2021年3月3日 3.11をわすれない 復興支援グッズを販売します

3.11から、10年。あの日、あなたは、どこで何をしていましたか。

それまで東北には縁がなかった私ですが、あの日から、確か6度被災地を訪問しました。最初は、2011年6月、遠野市で復興支援のボランティアを少々させていただき、宮古市から、気仙沼市まで海岸に沿って下り、地平線までただ瓦礫だけの街にただただ唖然としました。次に8月頃、釜石、陸前高田、気仙沼へ、再度訪れた時は、街の瓦礫は片付け途中で、大きな山になり、地平線まで更地。その後、福島県飯館村や相馬市で放射能被害の現場へ。いわき市でのザ・ピープルの吉田さんから活動を聞き、コットン栽培のボランティア参加。気仙沼市でのシーライツの活動を聞く等々。あの情景を思い起こすと、被災地の復興を願わずにはおられません。(浜田)
少しですが、WEショップいせはらでも、復興のためのお手伝いになればと思い、東北物産を販売いたしますので、どうぞ皆さま、お買い求めください。

気仙沼・ムラカミ  わかめ・昆布 各種
石巻・シャロームいしのまき 就労サポートセンター べてるの風  サバとサンマの缶詰

2021年2月17日 今年もやります!和もの市

毎年2月は、恒例の「和もの市」。2月24日(水)~27日(土)までの4日間。10:30~16:00、27日(土)も、10:30から、開店します。
年間を通して、ご寄付いただいたものを貯めていましたので、品数はたくさんあります。
和服だけでなく、帯、草履、和装バッグなどの小物もあります。
和服を、洋服に仕立て直すリメイクが流行っています。リメイクにちょうど良い品を安価で販売します。
どうぞお越しくださいませ。

写真は昨年のものです。

2021年2月7日 営業時間短縮を続けます

新型コロナ感染がおさまりません。
緊急事態宣言が延長されましたので、WEショップいせはらでも、それにしたがって時短営業を継続することといたしました。3月6日(土)までの予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。